普段行っていることが臭いの元になっていることもある!

時期・生活習慣

生活習慣・精神面の見直しも臭い改善に大切!

脂分が多い食生活・ストレス・乱れた生活習慣等も、少なからずデリケートゾーンの臭いに影響を与えます。

こうした生活を送りながら臭いに効果的なケアをしても、なかなか改善しないのはそのため。免疫力も落ち性感染症や膣内の炎症等になる可能性も高くなります。

最近、疲れてる・おいしい物・甘い物ばっかり食べてる等、心当たりのある方は、騙されたと思ってちょっと生活を見直してみるのも大切です。そうした習慣を止めるとニオイも自然に消えていくことが多々ありますよ♪

カラダのサインを見逃すな!ニオイに影響を与える時期・生活習慣一覧

心も体も食でできている.カラダの中から臭いの元を減らそう!

カラダは、常に全身の毛穴から汗等と一緒に体中の老廃物を外に出しており、デリケートゾーンも例外ではありません。質の悪い脂分・糖分ばかり多く摂っていると、それだけニオイにも影響しやすくなり甘酸っぱかったり油っぽい臭いを感じるようになります。こうした食生活で最悪なのは、臭いだけでなく健康自体にも影響を与えること。いきなりは難しいですが、ほんのちょっと野菜や果物を多く摂るように心掛けることが改善への道です。

ストレス等による免疫力の低下.おりもののニオイがきつくなる

睡眠不足・ストレス等の乱れた生活習慣はオリモノの臭いをきつくさせることがあります。これらの乱れた生活習慣は体内の免疫力を低下させ、膣内でも雑菌等が繁殖しやすい環境になります。下り物は雑菌と闘うと、黄色いドロッとした状態になったり酸っぱい臭いが強くなったりします。こうした下り物の変化はカラダが疲れてるサインですので、十分な休養や運動等でリフレッシュを図ることが大切です。

排卵日・生理前後・妊娠・出産・更年期等.女性ホルモンと臭いの関係

こうした時期は女性ホルモンの変化が非常に大きく、それに伴いオリモノの色・ニオイ・状態も変わっていきます。時期・その時のカラダの状態によって症状のバラつきが大きくなることがあり、人によっては過度に陰部を洗う等の過剰なケアをする方もいらっしゃいます。病気等ではない正常な変化ではありますが、不安な場合は先延ばしせず病院への診察をお願いすることが大切です。