洗いすぎると常在菌のバランスが崩れて臭いの原因になる

洗いすぎ

臭いを発生させる原因で一番多い「洗いすぎ」

デリケートゾーンは大切な場所なので、清潔にしておきたい気持ちは分かりますが、あまりにもしっかり洗いすぎると、肌が本来持っている常在菌も一緒に洗い流してしまいます。

この常在菌は四六時中、臭いや病気の元になる悪玉菌と闘ってくれている私達の大切な仲間。だけど、常在菌のバランスが崩れると、悪玉菌が優位になってニオイが発生しやすくなります。そして臭いが気になりだすと陰部が汚れていると勘違いしてまた洗う⇒臭いが悪化⇒また洗うといった悪循環になることも。

また、アンダーヘアや陰部回りだけでなく、膣内も洗う方がいらっしゃいますが、これは絶対NG!オリモノは多少酸っぱいニオイはしますが、これがニオイの原因ではありません。オリモノは、常在菌同様、膣内を雑菌から守ってくれています。おりものまで洗い流してしまうと、感染症や炎症・その他子宮頚疾患にかかりやすくなるので注意が必要。

ニオイを改善したいなら洗い方・使っている石鹸/ソープを見直そう!

専用石鹸

まず、アソコがが臭うからといってゴシゴシと洗うのは止めましょう。膣等は洗わずアンダーヘアーを撫でるぐらいの洗い方で汚れは十分落ちます。

また、できることなら、かなり優しめのソープを使うこともポイント。薬局やドラッグストア等の市販で売られているボディーソープも優しいイメージはありますが、実は結構洗浄力があります。こうしたアイテムを長年使い続けると、肌の免疫機能が低下してニオイや炎症等が引き起こされやすくなります。

とにかく、腐ったようなきつい悪臭やかゆみ・出血等が見れない場合、そのニオイの原因は、洗い方や使用しているアイテムが関係してることがほとんど。今までの習慣を変えるのは不安かもしれませんが、一度騙されたと思って、しばらく洗い方やアイテムを変えて見てください。本来の肌環境(常在菌が正常に働く)に変われば、臭いも自然に改善されていきますよ♪

矢印

優しく洗えて安心!デリケートゾーン専用ソープ